2019年02月28日

ロマンチスト 小松道俊さん

小松道俊メルヘンの世界 絵本「コロボックルの笛」絵画展が
諏訪市原田泰治美術館で開催されている。

この絵画展のきっかけは、僕の元に絵本[コロボックルの笛]が届いたからだ。
医師、小松道俊さんの作り上げた心のこもった絵本である。
残念なことに先生は6年前の2013年、病に倒れ亡くなられている。
ご家族が先生の部屋を片付けている時、この絵本の原画それにスケッチ、イラ
ストなどを見つけ、あの多忙の父がいつ描き残してくれたのだろうと感動した。
その気持ちが一冊の絵本[コロボックルの笛]を作り上げた。
絵本の素晴らしさは勿論だが、あの多忙の先生がいつこうした絵本を作り上げ
たのかと、僕は胸が熱くなった。先生の1日は多忙そのものであった。院内で
患者を診察し終え、夕方からはほとんどの時間を往診に費やしていた。それも
山間の集落やへんぴな村をくまなく回っていた。その地区の老人は先生に手を
合わせ感謝したと聞く。
そんな先生を癒し、絵本の制作に情熱を燃やさせたのは、往診の帰路の途中で
見える山間の空に輝く星であったり、小さな集落を照らす月の光であったので
はないだろうか。
そして帰宅後、夕食もそこそこに夜中まで絵本をコツコツ制作している姿が目
に浮かぶ。
医師から絵本の画家になる時だ。それも夜遅くにである。
そういえば治療中、患者の話をよく聞いていた。それも老人には優しく丁寧に
病気を納得するまで説明していた。その優しさが、この絵本や小さなイラスト
に込められている。
もう、こうした医師に会うことはできないだろう。
四季の風が吹く度に、小松先生のあの優しい表情で医療に尽くしてきた生き方
が思い出されいつまでたっても忘れられない。

―原田泰治 あいさつ文より―

コロボックルの笛.jpg  コロボックル展1.jpg

コロボックル展2.jpg

小松道俊メルヘンの世界 絵本「コロボックルの笛」絵画展
会 期:平成31年(2019年)3月1日(金)〜平成31年(2019年)4月14日(日)
場 所:諏訪市原田泰治美術館
休館日:月曜休館(祝日開館)
詳しくは諏訪市原田泰治美術館ホームページをご覧ください

posted by 原田泰治 at 16:59| 日記