2017年07月31日

愛車トヨタ800


昭和43年、僕がデザイナーのかけ出しの頃、無理をしてトヨタ800を購入した。
勿論、実家の援助があったからこそ。
車抜き_web.png   トヨタ800_web.jpg


ただ障害者である僕が運転できるか問題で、
試行錯誤した上でブレーキを手動にすればいいのではないかと結論が出た。
そこで鉄工場と自動車店の共同で手動ブレーキが完成し、運転が可能になった。

トヨタ800は調子が良く、どんな暑い夏の日も、どんな厳しい冬の日も
故障したりトラブルが起きたことはなく僕の足として、頼りになる車であった。
だからこそ、現在も僕は手放すことなく大切に維持している。感謝の気持ちからである。
現在は原田泰治美術館の1階ロビーに展示している。

是非、みなさんも機会があったら愛車トヨタ800を見ていただきたい。

posted by 原田泰治 at 15:39| 日記

2017年07月28日

団体のお客さんが急増しています


信州この良い季節。団体のお客さんが多くなった。

普段はあまり美術館へ行かないのだが、団体のお客さんのどうしても僕の話を聞かせてほしいと
ご要望があったりすると、会場で絵の説明をさせていただく。


IMG_5389_web.jpg

IMG_5386_web.jpg IMG_5391_web.jpg


これからもできる限り、美術館へ出向き来館者との交流を続ければと思っている。
そうすることが来館者を1人でも多く、満足していただける。

posted by 原田泰治 at 17:10| 日記

2017年07月26日

上田市の古い学校で


綿半絵画コンクールは今年で10回を迎える。僕が審査員長をしてきている。
小学校から中学校まで毎年「ふる里自慢」をテーマに絵画が2000点以上が寄せられる。
全てに目を通し、まる一日かけて審査する。
毎年レベルが高く、子ども達の絵に対する真剣な姿が表れている。

10年続いた綿半絵画コンクールについて、テレビ番組を制作することになり、
上田市のさくら国際学校校舎で撮影が行われた。
僕と、長年の支援者の野原莞爾さん、アートディレクターの結城昌子さんの三人で、これからの夢などを語った。


DSC09726_web.jpg


■ SBC-TV 特別番組 
  放送日時 8月6日(日) PM3:30〜4:00

■ 第10回わたしの「ふる里自慢」絵画コンクール作品募集中 
  詳細は「ふる里自慢絵画美術館」へ





posted by 原田泰治 at 15:34| 日記